サラリーマンゆきたんたんの育児と投資と財テクと

毎日を楽しく生きるために、投資と財テクのお役立ち情報を

モバイルSuicaは本当に便利。使い方とメリットまとめ

Suicaは、モバイルSuicaで更に便利になる

Suicaは、本当に便利な電子マネーですね。
最近はどんどん普及して、駅やコンビニ以外でも利用できるケースが増えていますね。
Suica対応コインロッカーは、本当に便利です。

そんなSuicaは、モバイルSuicaに変更することで更に便利になります。
勿論デメリットもありますので、この記事でまとめて書きたいと思います。

ゆきたんたんも最初は、モバイルSuica反対派でした。
スマホにSuicaを入れたら、失くした時やバッテリー切れ時に大変だと考えました。
また、機種変更時の手続きも面倒そうだなぁ、と。

モバイルSuicaには、そんな考えを吹き飛ばすくらいのメリットがあります。
不安に思っている方も、この記事を読んで利用して頂けたらと思います。



モバイルSuicaのメリット

モバイルSuicaのメリットは多数ありますが、特に利用するサービスは以下です。

  • いつでもどこでもチャージ
  • モバイルSuica定期券で定期券を楽々購入
  • モバイルSuica特急券で特急券を楽々購入
  • グリーン券も楽々購入
  • 端末の移行も簡単、電子マネー残額はそのまま

いずれも、カードタイプのSuicaにはないメリットです。
モバイルSuicaならでは、アプリを活用したものとなります。

いつでもどこでもチャージ

モバイルSuicaであれば、モバイルSuicaアプリから残額を確認することができます。
また、そのまま事前に登録したクレジットカードでチャージをすることも可能です。
自宅でも簡単に残額の確認、チャージが可能です。

また、オートチャージサービスに登録をすれば、残額を気にしなくても大丈夫になります。
自動改札の入退場時に一定額以下になっていれば、オートチャージされます。
オートチャージを行う設定金額と、入金の金額は自分で設定できます。

オートチャージに関しては、モバイルSuica限定のサービスではありません。
ビュー・スイカカードやSuica定期券でも利用できます。
残額を気にしたり、「ちょっとチャージしてくる」といったことが不要になるので大変便利です。

モバイルSuica定期券で定期券を楽々購入

モバイルSuicaは、オンライン上で定期券を購入することができます。
これでもう、窓口に長時間並ぶ必要はありません。
それだけで大きなメリットです。

また、定期券の有効期限が近付いた際には、通知が届くようになります。
これで、定期券の更新忘れを防止できます。
更新する場合も変わらずにオンラインで更新ができるので、便利ですね。

このメリットだけでも、モバイルSuicaを利用するに値します。

モバイルSuica特急券で特急券を楽々購入

定期券だけではなく、特急券もオンラインで購入できます。

オンラインでは、新規購入か履歴購入かを選ぶことができます。
一度購入したことがある範囲であれば、購入が簡単になります。
乗降駅の交換も可能ですので。

特急券に関しては、えきねっとでもお得に購入することができます。
13日前までであれば、「お先にトクだ値」として指定席が最大40%OFFになります。

そのため、モバイルSuica特急券のメリットは、オンラインで購入できる手軽さです。

グリーン券も楽々購入

定期券、特急券とくれば、グリーン券もオンラインで購入することができます。
モバイルSuicaでの購入時は、乗車前に購入するときの料金と同額です。
つまり、グリーン車に乗ってからグリーン券を購入することも可能です。
グリーン車に乗ったからには、すぐにグリーン券は購入して下さいね。

グリーン券も、新規購入か履歴購入かを選択できます。
使えば使うほど履歴が増えるため、簡単に購入できるようになりますね。

端末の移行も簡単、電子マネー残額はそのまま

機種変更をしても、モバイルSuicaのデータはそのまま移行できます。
また、携帯情報端末の紛失や故障時も所定の続きにより、定期券や特急券を再発行できます。

機種変更が関係するのは、モバイルSuica特有の話です。
機種変更時は、以下の手順で移行を行います。

  1. 旧端末でサーバにデータを預けます。
  2. 機種変更を実施します。
  3. 新端末でログインし、預けたデータをダウンロードします。

スマホはWi-Fiでインターネットに接続できますが、モバイルSuicaの起動にはsimカードが必要です。
機種変更を先に実施した場合は、手動でsimカードを差し替える必要があります。
それでも、それで機種変更が実施できるのであれば、簡単だと思います。

移行が簡単に行えるということは、大切なことですね。


モバイルSuicaのデメリット

勿論モバイルSuicaには、デメリットとなる部分もあります。
主にスマホになるかとは思いますが、携帯電話と一纏めになることのデメリットですね。

  • モバイルSuicaの年会費
  • バッテリー切れへの配慮
  • 携帯紛失時の対処

1点目がモバイルSuica固有の問題です。
2、3点目は携帯に関連したことですね。

モバイルSuicaの年会費

モバイルSuicaは、年会費1,030円が発生します。
クレジットカードにビュー・スイカカードを設定した場合、年会費が当面無料になります。

ビュー・スイカカードに限らず、他のビューカードでも同様です。
当面と言いながら、今まで10年以上ずっと無料でした。
これからも無料が続く可能性は高いと考えています。

バッテリー切れへの配慮

モバイルSuicaは、携帯電話のバッテリーに依存します。
バッテリーが切れるとアプリは開けませんし、最悪はモバイルSuicaが反応しなくなります。

0%になってからも、暫くはモバイルSuicaは利用できるそうです。
ゆきたんたんは、そこまで極限の状態になったことはありませんが。

こればっかりは、バッテリーをきちんと管理する必要がありますね。

携帯紛失時の対処

携帯電話を紛失した場合は、モバイルSuicaも一緒に紛失する形となります。

モバイルSuicaに登録しておけば、所定の手続きによって定期券とSF(電子マネー)および モバイルSuica特急券を再発行することができます。

これまで、携帯電話を紛失したことがある方は要注意ですね。
ゆきたんたんは幸い、携帯電話を紛失したことがありませんので。
また、絶対失くせないと思えば、より注意を払うようになりますね。


モバイルSuicaにして良かったこと

ゆきたんたんの主観として、モバイルSuicaにして良かったことは以下の通りです。

  • 定期券をはじめ、Suicaが不要になった
  • オートチャージが便利
  • グリーン券、特急券を簡単に購入できるようになった

やはり、Suicaが不要になったことが一番大きいです。
財布は持ったけど、定期券を忘れたってことがないです。
スマホは必ず持っていますからね。

あとは、アプリからグリーン券と特急券が購入できるのも便利です。
ホームの混雑状況を見てから、スマホでグリーン券を購入することができます。
また、特急券もスマホで購入できるため、並ばずに購入することができます。


Google Pay(Suica)との比較

Google PayでSuicaが利用できるようになりました。
Google Payでは、Google PayアプリからSuicaを発行する事が可能です。

この点は、モバイルSuicaとは異なりますね。
モバイルSuicaでは、Suicaを実際に準備する必要があります。

Google Payのメリットは、以下です。

  • Google アカウントに登録したクレジットカードでチャージ可能
  • 年会費無料
  • SF(電子マネー)の残額表示が可能

年会費無料でクレジットカードからチャージできる点がメリットです。

デメリットとしては、定期券の購入やグリーン券、特急券の購入ができない点です。
これによりGoogle Payは、モバイルSuicaというより通常のSuicaに近い形だと思います。


最後に

すごく便利なのに、まだまだ普及しないモバイルSuicaのご紹介でした。

モバイルSuicaは、残額表示やオンラインでのチャージができるためSuicaよりも便利です。
そして、ビュー・スイカカードとの組み合わせが良いです。
ビュー・スイカカードの還元率が1.5%になりますからね。

ここまで活用できれば、JRE POINTもどんどん貯まります。
貯まったJRE POINTでSuicaにチャージやグリーン券を発券できます。

いずれもJR東日本のサービスですが、日頃通勤・通学で利用する方はこの組み合わせがおすすめです。
利用しなければならないものであれば、徹底的に活用できるような仕組みを作りましょう。
そうすれば、何年、何十年後には大きな差が生まれているはずです。


モバイルSuica徹底活用術 (得する!スマホ研究所)

モバイルSuica徹底活用術 (得する!スマホ研究所)