サラリーマンゆきたんたんの育児と投資と財テクと

毎日を楽しく生きるために、投資と財テクのお役立ち情報を

三井住友カード(NL)で還元率最大5%を実現。メリットとは

三井住友カード(NL)を発行しました

新しく、三井住友カード(NL)を発行しました。
三井住友カードの、ナンバーレスです。

三井住友カードと言えば、旧券面はパルテノン神殿です。
VISAブランドの代表格のような、クレジットカードです。

これまでは縁なく保有しておりませんでした。
三井住友カードのリニューアルを受け、新たに申し込みました。

今回は、メリット、デメリットをご紹介します。



三井住友カード(NL)の概要

三井住友カード(NL)は、2種類のデザインがあります。
グリーンとシルバーです。

ゆきたんたんは、グリーンを選択しました。
グリーンのクレジットカードを持っていないため、珍しさから選択しました。
シルバーもかっこいいデザインです。

NL

デザインはナンバーレスで、カード券面に番号が印字されていません。
安心、安全はもちろん、率直にかっこいいです。

カード番号の確認は、アプリで行います。
スマホとの連携が必要となる、クレジットカードです。

年会費は、無料です。
条件なしで無料のクレジットカードです。

基本還元率は、0.5%です。
年会費が無料のため、高還元を期待できるカードではありません。


三井住友カード(NL)のメリット

メリットは、以下です。

  • 対象のコンビニ・マクドナルドの利用で最大5%還元

コンビニは、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートが対象です。
そして、マクドナルドが対象です。
対象店舗は4つですが、比較的利用頻度が高い店舗です。

最大5%の内訳は、以下の通りです。

種類 還元率
通常ポイント 0.5%
対象店舗の利用ポイント 2.0%
Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレス 2.5%

対象店舗でタッチ決済を行うと、5%の還元率になります。
年会費無料で還元率5%は、高還元です。

普通に支払うだけで5%は、他の決済手段を寄せ付けないです。
コンビニ、マクドナルドでは、必ず三井住友カード(NL)がおすすめです。


三井住友カード(NL)のデメリット

三井住友カード(NL)のデメリットは、通常ポイントの還元率です。
200円につき、1ポイントが還元されます。
0.5%という還元率は、魅力的ではありません。

通常の支払いでは、他のクレジットカードを利用した方が良いです。
年会費無料でも、還元率が1%以上のクレジットカードはあります。
特別な理由がない限りは、他のカードを利用した方がお得です。


三井住友カード(NL)をお得に利用する

三井住友カード(NL)は、利用方法を限定した方がお得です。
対象店舗でタッチ決済を行う場合のみ、三井住友カード(NL)を利用します。

それ以外の場合は、高還元のクレジットカードを利用します。
還元率が1%以上のクレジットカードがおすすめです。

多少手間ですが、地道な使い分けが高還元を実現します。

購入前にどの支払い方法がお得か考えることが嫌でなければ、おすすめです。
ゆきたんたんはむしろ、何で支払うか考えることが楽しいです。


Vポイントの出口戦略

三井住友カード(NL)で貯まるポイントは、Vポイントです。
1ポイント1円として利用することができます。

ゆきたんたんのおすすめは、以下の2点です。

  • Vポイント投資
  • dポイント交換

Vポイント投資は、SBI証券で実施することができます。
Vポイントを1ポイント1円として、投資に利用できます。
SBI証券は投資信託を100円から購入できるため、100ポイントから利用できます。

dポイントへの交換は、1ポイント→0.8ポイントで交換できます。
1ポイント1円以下の価値となるため、若干レートは悪いです。
しかし、dポイントも投資ができます。

いずれも、投資成績にはよりますが、1ポイント1円以上になる可能性があります。
1ポイント1円として利用するよりも、お得になる可能性が高いです。


最後に

三井住友カード(NL)は、還元率5%という、飛びぬけたメリットがあります。
店舗限定ではありますが、よく利用する店舗です。
コンビニやマクドナルドを利用するライフスタイルの方には、おすすめです。

出口戦略としても、投資に利用できるのでおすすめです。
1ポイント1円以上の価値になる可能性が高いです。

最近では、クレジットカードのタッチ決済を利用できる店舗が増えています。
決済時間も短く、積極的に利用したい決済方法の一つです。

タッチ決済を利用して、ポイントも多く獲得できることは、とてもありがたいです。


以下、関連記事です。

JCB Wも還元率が高く、おすすめのカードです。
コンビニ、マクドナルド以外では。 JCB Wも利用しています。

Vポイントをdポイントに移行することで、dポイント投資を行うことができます。
日興フロッギーで投資することができます。

SBI証券では、バンガードとの共同商品を購入することができます。
良い投資信託の選択肢が増えることは、嬉しいことです。