サラリーマンゆきたんたんの育児と投資と財テクと

毎日を楽しく生きるために、投資と財テクのお役立ち情報を

dカードのサブカードは、JCBカードWがおすすめ。39歳以下は必携

ポイント還元が2倍となる、JCBカードW

JCBプロパーの中で、ポイント還元が常時2倍となるカードがあります。
そのカードがJCBカードWです。

39歳以下のみ、申し込みを行うことができます。
入会費、年会費無料です。
39歳以上の方も、一度作成しておけば、40歳以降でも利用できます。

JCBカードWで貯められるポイントは、Oki Dokiポイントです。
通常、1,000円につき1ポイントを貯めることができます。
JCBカードWはその還元率が2倍となり、1,000円につき2ポイントを貯めることができます。

JCBカードWのメリットとデメリットについて、まとめます。



JCBカードWの概要

JCBカードWは、WEB入会限定のクレジットカードです。
入会の条件が1つだけあり、39歳以下の方が対象です。

ポイントが常に2倍以上で貯まるクレジットカードです。
JCBオリジナルシリーズパートナーを利用することで、ポイント還元率が大幅アップします。
JCBオリジナルシリーズパートナーとは、通常よりOki Dokiポイントがたまる優待店です。

JCBオリジナルシリーズパートナーは、Amazonやセブンイレブン、スターバックスがあります。
普段遣いする店舗において、ポイントが貯めやすくなっています。

特に、スターバックスではポイントが10倍となります。
Amazonも、3倍です。
支払い方法を変更するだけで、ポイントがどんどん貯まるようになります。


JCBカードWのメリット

JCBカードWのメリットは以下の点です。

  • ポイントが貯まりやすい
  • JCBオリジナルシリーズパートナーが利用しやすい
  • 様々なポイント交換対象を選択できる

ポイントの貯まりやすさについては、前述の通りです。

ポイント交換対象の選択肢の多さも、JCBカードWの魅力です。
Oki Dokiポイントは、JCBギフトカードや他社ポイントに交換することができます。


JCBカードWのデメリット

反対に、JCBカードWのデメリットは、以下の点です。

  • ポイント還元率が分かりにくい

とにかく、この1点に尽きます。
Oki Dokiポイントは、1ポイント約5円の価値があります。
交換対象によって、1ポイントあたりの価値が変動します。

特に他社ポイントとの比較では、どちらがお得か分からないです。


Oki Dokiポイントをdポイントに交換する際の還元率

ゆきたんたんをとにかく悩ませる計算が、この還元率です。
普段dポイントを貯めているため、Oki Dokiポイントはdポイントに交換したいです。

しかし、Amazonを利用する際に、どのように決済をすればお得になるのか。
Amazonを利用する場合、JCBカードWとdカードのどちらがお得でしょうか。

なお、毎週お得なd曜日など、dカードのキャンペーンは考慮外として計算します。
あくまで、普段遣いという計算です。
dポイントへの交換は、Oki Dokiポイント1ポイントがdポイント4ポイントとなります。

項目 JCBカードW dカード 備考
支払額 1,000円 1,000円
通常付与されるOki Dokiポイント 1ポイント -
JCBカードWのためポイント2倍 1ポイント -
優待店ボーナス 2ポイント - Amazonはポイント3倍
獲得したOki Dokiポイント 4ポイント -
獲得したdポイント 16ポイント 10ポイント

優待店ボーナスを利用することで、倍近くのポイントを貯めることができます。
反対に、優待店ボーナスがない通常の店舗の場合は、dカードの方がお得です。

同様の表にて、確認します。

項目 JCBカードW dカード 備考
支払額 1,000円 1,000円
通常付与されるOki Dokiポイント 1ポイント -
JCBカードWのためポイント2倍 1ポイント -
優待店ボーナス 0ポイント - 対象外の店舗の場合
獲得したOki Dokiポイント 2ポイント -
獲得したdポイント 8ポイント 10ポイント

このように、他社ポイントに変換すると損をします。


JCBカードWは、dカードのキャンペーン以外での利用がおすすめ

JCBカードWは、優待店ボーナスを利用した普段使いに最適です。
優待店であるAmazonを利用する場合には、JCBカードWはお得です。

ただし、毎週お得なd曜日と比較すると、dカードの方がお得です。
再度、計算します。

項目 JCBカードW dカード 備考
支払額 1,000円 1,000円
通常付与されるOki Dokiポイント 1ポイント -
JCBカードWのためポイント2倍 1ポイント -
優待店ボーナス 2ポイント - Amazonはポイント3倍
獲得したOki Dokiポイント 4ポイント -
獲得したdポイント 16ポイント 30ポイント 毎週お得なd曜日+2%還元

どうしても、Oki Dokiポイントからの変換時に価値が減衰します。

この特性を理解した上で、適材適所で利用できれば便利なクレジットカードです。


最後に

JCBカードWは、dカードのサブカードとしておすすめです。
Oki Dokiポイントをdポイントに交換でき、dポイントより高還元です。

ただし、利用シーンを選ぶ必要があります。
キャンペーンを実施している場合、dカード自体が高還元となります。
常に、どちらがお得かを考える必要はあります。

年齢制限があるため、作成できる人は限られます。
もし作成可能である場合には、作成しておいて損はありません。
一度作成すれば、40歳以降も利用することができます。

入会キャンペーンも実施しているため、何がお得かを考えて利用しましょう。


以下、関連記事です。

クレジットカードをお得に利用するには、Kyash Cardも忘れられません。
何度も改悪されていますが、まだお得なカードです。

JCBカードでは、QUICPayを利用できるカードが多いです。
後払いで利用できるため、事前のチャージ等は不要です。

JCBカードWではありませんが、JCBのカードにはディズニーデザインがあります。
好きな券面を選ぶことができます。