サラリーマンゆきたんたんの育児と投資と財テクと

毎日を楽しく生きるために、投資と財テクのお役立ち情報を

2枚のPontaカードを統合、ポイントをまとめる手続きのまとめ

PontaカードはPontaWebの登録が便利

Pontaカードのポイントを確認する方法として、PontaWebの登録があります。
PontaWebは、リクルートIDを利用してログインします。
リクルートIDに対して、Pontaカード記載のPonta会員IDを紐付ける必要があります。

f:id:yuki-tantan:20190411234406p:plain
マイローソンポイントカード

IDとIDの紐付けということで、何を言っているのかいまいち分かりにくい状況です。
今回は、このPontaWebについてご紹介します。
その上で、Pontaカードを統合する方法について、ご紹介します。

Pontaカードの統合は、PontaWeb上で実施することが可能です。
ゆきたんたんの場合、マイローソンポイントカードの統合をPontaWeb上で実施できませんでした。
そのため、例外ケースについての記事をまとめ、誰かの役に立てればと考えています。



PontaWebの登録方法

Pontaカードを利用するにあたっては、まずはPontaWebに登録した方が良いです。
ポイント残高を確認でき、各種キャンペーンに応募することができます。
ちなみにPontaポイントの統合などは、PontaWebに登録せず電話で解決できることもあります。

登録に必要な手順は、以下の通りです。

  • リクルートIDの登録
  • Ponta会員IDの紐付け

PontaWebに登録するためには、リクルートIDへの登録が必要になります。
リクルートIDは、リクルートのサービスを利用するために必要となるIDです。
HOT PEPPERグルメやじゃらん、ポンパレモールなどを利用することができます。

リクルートIDが準備できたら、次はPonta会員IDの紐付けです。
Pontaカードには、1枚につき1つ、Ponta会員IDが記載されいます。
IDという名前ですが、Pontaカードを特定するために自動的に決められているIDです。

リクルートIDとPonta会員IDの紐付けを変更することはできない

Pontaカードを2枚以上所持し、統合を行う場合に問題となるルールがこれです。
リクルートIDは、一度Ponta会員IDと紐付けると原則的に紐付けを変えることができません
とても不便な仕様です。

Pontaカードはたくさんの種類があるため、生活スタイルに応じて保有するカードが変わります。
紐付けを変更したくなるケースも発生するかと思います。
そのため、2枚以上のPontaカードを利用するためには以下のいずれかの対応が必要です。

  • Pontaカードを統合し、ポイントを移動する
  • 新しいリクルートIDを登録し、PontaカードをそれぞれのリクルートIDに紐付ける

Pontaポイントの統合について、次項で詳細化します。
2枚のPontaカードに対して2つのリクルートIDを登録することは、とても手間でおすすめできません。


Pontaカードの統合・移動

Pontaカードは、統合・移動を行うことができます。
統合は、統合元のポイントを統合先へ移動する代わりに、統合元のPontaカードは使用できなくなります。
移動は、ポイントを移動した上で、移動元のPontaカードを使用することができます。

現在発行されているPontaカードは、公式HPで統合の可否を確認することができます。
移動として扱われるPontaカードの組み合わせは、見つけることができませんでした。
PontaカードからPontaカードへの統合が可能になるなど、通常利用するケースでは不便はなさそうです。

今回ゆきたんたんは、マイローソンポイントからシェル-Pontaへの統合を実施しようとしました。
ところが、この組み合わせは統合・移動が実施できない組み合わせでした。
マイローソンポイントはもう既に発行されていないため、特別な対応が必要でした。


マイローソンポイントからの統合方法

マイローソンポイントをシェル-Pontaに統合するためには、カスタマーセンターへの電話が必要です。
PontaWebでは、手続きができません。
ここまでPontaWebの登録方法をご紹介しておきながら、それをひっくり返す結論です。

あくまで一つの事実として、記載します。

カスタマーセンターではPontaWebでは統合・移動ができないと記載されている組み合わせでも、統合ができます。
実際に電話して統合したい旨を伝えたところ、統合元、統合先のカードそれぞれに対して本人確認がありました。
無事確認が取れたら、ポイント残高を即時反映で統合することができました。

これで残念ながら、マイローソンポイントは利用できなくなってしまいました。
ここまで10年以上、お世話になったポイントカードが勤めを終えました。
結構、感慨深いものがありました。


最後に

Pontaカードは、複数枚を所有することができるポイントカードです。
複数枚を使い回すことは想定していないため、1枚のPontaカードに統合していく形となります。
ある意味では、分かりやすい仕組みです。

しかし、必ずしもネットで手続きができない点はマイナスポイントです。
統合のためにわざわざカスタマーセンターに電話をすることは、正直手間です。
それでも、できないよりはできた方が良いので、もしもの際には手続きを行って下さい。

今回Pontaカードを統合したことで、若干ながらポイントが増えました。
Pontaもポイント運用が始まったため、サービス内容を確認しながら利用してみようと思います。
ポイントも資産の一部ですので、運用して増やすことでお得が増えます。


以下、関連記事です。

そもそもPontaカードについては、こちらの記事にまとめています。
ローソンでお試し引換券との交換や、dポイントとの相互交換ができます。

Pontaが最も貯まるクレジットカードは、シェル-Pontaクレジットカードです。
昭和シェル石油での利用がお得になるため、車に乗る方におすすめのクレジットカードです。

Pontaは、コンビニの中ではローソンでポイントを貯めることができます。
ローソンは利用できるポイント、利用できる支払方法が多いためお得が多いコンビニです。