サラリーマンゆきたんたんの育児と投資と財テクと

毎日を楽しく生きるために、投資と財テクのお役立ち情報を

こどもちゃれんじbabyの1歳号とぷちの先行お届けサービスが到着

こどもちゃれんじは月齢に応じたエデュトイが届く

ゆきたんたんは、愛娘のためにこどもちゃれんじbabyを受講しています。
初めての子どもということもあり、どのようなおもちゃが適切か分からない部分がありました。
そのため、毎月届くエデュトイを中心としておもちゃを購入しようと考えました。

ゆきたんたん自身、高校時代にチャレンジを利用していました。
そのため、ベネッセの教材については、一定の信頼感があります。
ちょっと話題になっていた時期もありますが、それはそれとして考えています。

というわけで今回は、こどもちゃれんじbabyとぷちについてのご紹介です。
また、こどもちゃれんじbabyは一定期間受講したため、メリット、デメリットをまとめます。



こどもちゃれんじbabyとは

こどもちゃれんじbabyは、0歳、1歳の子ども向けの教材です。
6ヵ月号から1歳11ヵ月号まであり、毎月絵本とエデュトイ、親向けの冊子が届きます。
1歳となる4月からは、こどもちゃれんじぷちに移行します。

1回あたりの受講費は、毎回払いで2,036円(税込)です。
一括払いを選択した方が毎回払いよりは、安くなります。
ただし、どの号まで受講できるかはお子様の誕生に日によって異なり、支払額も変わります。

ここで、1歳11ヵ月号まで受け取ることができる子どもは、4月生まれのお子様です。
それ以外のお子様は、1歳11ヵ月を迎える前に4月が先に来ます
その結果、こどもちゃんれんじぷちのサービス開始の月齢は、誕生日によって異なります。


こどもちゃれんじぷちとは

こどもちゃれんじぷちは、1歳、2歳の子ども向けの教材です。
こちらも、毎月絵本とエデュトイ、親向けの冊子が届きます。
対象年齢が上がっている分、こどもちゃれんじbabyよりも凝ったものが届きます。

1回あたりの受講費は、毎回払いで2,036円(税込)です。
こどもちゃれんじbaby同様、一回払いの方が安くなります。
最終的な支払額については、開始したタイミングによって異なるため割愛します。

こどもちゃれんじbabyを受講している場合、「1さいのおたんじょうび特別号」を申し込むことができます。
これは、こどもちゃれんじぷちの先行お届けサービスに該当します。
ケーキやしまじろうのパペットなど、愛娘にとって気になるものが届きました。

しまじろうのパペット
しまじろうのパペット

前述の通り、こどもちゃんれんじぷちは、1歳となる4月よりスタートとなります。
こどもちゃれんじbabyを受講している場合は、こどもちゃれんじbabyは受講が停止されます。
きちんと成長に合わせ、次の教材へ進むことができる点は、ベネッセのすごいところです。


こどもちゃれんじbabyのメリット

ここで、こどもちゃれんじbabyを受講したメリットは、3点です。

  • 成長に合わせて届くエデュトイ
  • 愛娘が喜ぶ絵本
  • 愛娘の成長度合いが分かる点

それぞれのメリットについて、以下に記載します。

成長に合わせて届くエデュトイ

愛娘の月齢に合わせ、毎月届くエデュトイは、愛娘も非常に喜んでくれました。
どのようなおもちゃが良いか考えながら購入しなくて良い点は、非常に助かりました。
初めての子育てのため、どれが良いかすら分かりませんので。

そのため、毎月適切なエデュトイが届く点は大きなメリットです。
信頼感があるため、この教材をベースとし、その他に必要なおもちゃがあれば買い足します。
ゆきたんたんは、あまり与え過ぎないように注意しながら、おもちゃの購入をしました。

愛娘が喜ぶ絵本

こどもちゃれんじbabyでは、エデュトイだけでなく、絵本も同時に届きます。
愛娘は、絵本が大好きです。
おもちゃにも興味がありますが、絵本に対しての興味はさらに強いです。

エデュトイを目当てに加入したため、絵本を愛娘が喜んでくれることは想定外でした。
こちらも、月齢に合わせて適切な内容が届きます。
成長を考えて悩むよりも、まずはこどもちゃれんじbabyにお任せするというイメージです。

愛娘の成長度合いが分かる点

これは、素敵なエデュトイの副次的な効果です。
エデュトイが届いたタイミングでは、その時の愛娘にとっては少し難しい物が多いです。
新しいおもちゃに興味を示すも、難しくて諦めてしまうものがあります。

しかし、数日経つと、愛娘が普通に遊べるようになっています。
小さなことではありますが、愛娘の成長度合いが分かるので良かったです。
他の子ができていることを愛娘ができるのかどうか、そういった一つの目安となり得ます。


こどもちゃれんじbabyのデメリット

こどもちゃれんじbabyのデメリットは、以下の2点です。

  • エデュトイに対する興味が強い期間は限られている
  • 二人目を考えた場合、教材をとっておく必要がある

エデュトイはとても良い物ですが、子ども自身が興味を持つ期間は限られています。
最初は強い興味を示しますが、3ヵ月ほどすると飽きてしまいます。
その頃には、月齢に合わせた他のエデュトイが届いていることも想定されます。

そうなった場合、毎月届くエデュトイの保管場所が難しいです。
大きさは毎月異なり、サイズ感もバラバラだからです。
おさがりとして全て保管しておくか、悩んでしまう点がデメリットです。


最後に

こどもちゃれんじbabyは、とても素敵な教材が届きます。
エデュトイと絵本、それぞれに子供の成長に合わせた良さがあります。
初めての子育てには、最適な教材です。

どのようなおもちゃを購入すれば分からない方や、育児に不安がある方にはおすすめです。
また、こどもちゃれんじbabyが終了してからは、こどもちゃれんじぷちが始まります。
素敵な教材が毎月届くよう、スケジュールされている点はさすがです。

こどもちゃれんじでは、要所要所にしまじろうが出てきます。
懐かしい気持ちもありますが、改めて見ると可愛く見えてきます。
愛娘もしまじろうがお気に入りのようなので、興味を持ってもらえてよかったです。


以下、関連時期です。

愛娘の1歳の誕生日には、木曽路でお祝いをしました。
一升餅と選び取りを行った様子は、こちらの記事にまとめています。

Amazonでは、Amazonベビーレジストリのサービスを開始しています。
赤ちゃんようの欲しい物リストを公開することで、親族とのやりとりに利用できます。

Googleドライブを利用することで、親族と写真を共有することができます。
オンラインストレージサービスは、とても便利です。


すぐわかる!離乳食―初めてでも安心 (ベネッセ・ムック たまひよブックス)?

すぐわかる!離乳食―初めてでも安心 (ベネッセ・ムック たまひよブックス)?