サラリーマンゆきたんたんの育児と投資と財テクと

毎日を楽しく生きるために、投資と財テクのお役立ち情報を

イオンのポイントカード、WAON POINTカードのメリットとは

イオンのポイントカードは、イオングループ以外でも使用可能

イオンには、クレジットカードのイオンカードと電子マネーのWAONがあります。
これらは有名であり、利用者も多いです。
近年では、WAON POINTカードというポイントカードが導入されました。

WAON POINTカード
WAON POINTカード

WAON POINTカードのポイントは、共通ポイントのように提示でポイントが貯まる点です。
お店でのお買い物時に提示して、支払金額に応じたポイントを貯めることができます。
支払方法は、現金のみとなっています。

ポイントの二重取りという意味では、ポイントカードの存在は大きいです。
提示だけでポイントを貯めることができ、支払方法は問わないためです。
しかし、WAON POINTカードに関しては、二重取りができませんのでデメリットもまとめます。

というわけで今回は、WAON POINTカードのご紹介です。
還元率やポイントの用途について、まとめます。



WAON POINTカードの作り方

WAON POINTカードは、イオングループのカード取扱各店にて配布しています。
入会費、年会費無料のポイントカードです。
お近くの取扱店舗にて、作成することができます。

また、既存のイオンカードやWAONでも、WAON POINTを貯めることができるようになります。
特にイオンカードの場合は、提示することでWAON POINTを貯めることもできます。
還元率の面から見ると、あまりおすすめできない支払方法です。
詳細は、後述します。


WAON POINTカードのメリット

WAON POINTカードのメリットは、以下の3点です。

  • 200円(税込) = 1WAON POINTで貯まる
  • 1WAON POINT = 1円で使える
  • 家族にシェア、友達にプレゼント、わけあえる

いずれも、詳細を以下に記載します。

200円(税込) = 1WAON POINTで貯まる

WAON POINTは、以下の3つの貯め方があります。
基本的には、還元率は0.5%です。

  • お店で貯める
  • ネットで貯める
  • ウォーキングでためる

お店、もしくはネットで貯める場合は、200円(税込)で1WAON POINTが貯まります。
ウォーキングは8,000歩で1WAON POINTが貯まるので、還元率の考え方がありません。
健康的にポイントを獲得できるということは、他のポイントプログラムにはあまりないサービスです。

イオンカードなど、各種カードで貯まるポイントは以下の通りです。
カードの種類と支払方法によって、貯まるポイントが異なります。
複雑です。

カード一覧 電子マネーWAONでの支払い
※WAON POINT加盟店
現金での支払い
※WAON POINT加盟店
イオンカードでの支払い
※イオングループ対象店舗
イオンカード
WAON一体型
200円(税込)で
1 WAON POINT
+
月間累計利用金額500円(税込)で
1 WAON POINT
200円(税込)で
1 WAON POINT
200円(税込)で
1 ときめきポイント
(= 2 WAON POINT相当)
電子マネー
WAONカード
200円(税込)で
1 WAON POINT
+
月間累計利用金額500円(税込)で
1 WAON POINT
- -
WAON POINTカード - 200円(税込)で
1 WAON POINT
-

還元率が一番高い支払方法は、イオンカードでの支払いです。
クレジットカードを利用するため、ある意味では当たり前です。

1WAON POINT = 1円で使える

WAON POINTは、1WAON POINT = 1円としてポイントでの支払いが可能です。
イオングループ各店、WAON POINT加盟店、ネットでのお買い物に、貯まったWAON POINTを利用できます。

ポイントをアイテムやサービスに交換することもできます。
基本的には、こちらも1WAON POINT = 1円の価値があります。
1WAON POINTの価値が1円以上にならないため、還元率は0.5%のままです。

家族にシェア、友達にプレゼント、わけあえる

WAON POINTは、会員登録している個人を家族設定することで、ポイントをシェアすることができます。
WAON POINTを利用する方は各々会員登録が必要な点は、注意が必要です。

また、WAON POINTは、友達にプレゼントをすることもできます。
アプリより受け取る方がQRコードを表示、プレゼントする方が読み取ることでプレゼントが可能となります。
個人間送金と同じ要領で利用できるため、なかなか普及していませんが、使い道は多岐に渡ります。


WAON POINTのデメリット

WAON POINTのデメリットは、以下の3点です。

  • 還元率が0.5%と低い
  • WAON POINTとWAONポイントは別物である
  • WAON POINTとときめきポイントは、どちらかしか貯めることができない

WAON POINTそのものは、還元率が低めに設定されています。
常時1%の還元率がないと、どうしても低く感じてしまいます。

また、イオングループのポイントは、複数の種類があります。
電子マネーWAONのポイントである、WAONポイントはWAONのチャージに利用できます。
イオンカードのときめきポイントは、WAON POINT同様、200円(税込)で1ポイント貯まり、1ポイント1円です。

これらのポイントは、相互交換が可能です。 しかし、きちんと用途を理解して使用できる方はどれくらいいるでしょうか。
どのポイントの還元率が一番お得か、気になるところです。


最後に

今回は、WAON POINTカードについてご紹介でした。
現金払いの場合のみポイントが貯まるため、今までポイントが付与できなかった方に対する補完の意味合いが強いです。
他方、イオンカードでもWAON POINTを貯められる点は、選択肢が広くて良いと思います。

しかし、そのせいでポイントプログラムの複雑さに拍車をかけています。
なかなか理解しにくいポイントプログラムと化しています。
今回記事を作成するにあたって、各種資料も確認しましたが、やはり複雑です。

イオングループは、イオンカードやイオンオーナーズカードでお得度が高くなる店舗です。
また、イオンゴールドカードやイオンゴールドカードセレクトもあるため、何がお得かやはり複雑です。
きちんと使いこなせれば、とてもお得になるため積極的なお勉強が必要です。

幸か不幸か、ゆきたんたんの周りにはイオンがなく、イオン株も売却済みのため、最近情報に疎いです。


以下、関連記事です。

イオンゴールドカードは、イオンをお得にするために必要なカードです。
年会費無料のためおすすめですが、取得にはインビテーションが必要です。

イオンオーナーズカードは、イオンをお得に利用するために絶対に必要となるカードです。
イオン株の株主優待で取得することができます。

イオン銀行は金利が高く、おすすめの銀行です。
イオンカードセレクトを発行できる点もメリットです。


[アフィリエイト]