サラリーマンゆきたんたんの育児と投資と財テクと

毎日を楽しく生きるために、投資と財テクのお役立ち情報を

dマガジンは最強の雑誌読み放題サービス。オフラインでも雑誌が読める

雑誌をたまに購入する方こそ、おすすめです

docomoが提供するdマガジンは、雑誌を読み放題にできるサービスです。
dマガジンで読める雑誌は200誌を超え、普段目にする雑誌は大抵読むことができます。

dマガジンは、全ての雑誌、全てのページを読むことができるわけではありません。
そのため、定期購読しないものの、気になる特集があれば購入するという方におすすめです。
また、様々な雑誌を広く浅く読みたい方も、おすすめです。

本当に好きな雑誌は、定期購読した方がお得だと思います。
ただ、そこまでではない場合、dマガジンのすごさが際立ちます。

今回は、そんなdマガジンについて、まとめます。



dマガジンの概要

dマガジンは、dアカウントをお持ちの方が利用できます。
つまり、docomo回線を持っていなくても、利用することができます。

使用料は、月額400円(税抜)です。
月額料金のみで、全ての雑誌を読み放題にすることができます。
追加料金は発生しません。

ほぼ雑誌1冊分の価格で、200誌以上を読み放題にできるのはすごいです。
バックナンバーを含めると、1,500冊以上のボリュームです。
普段手に取らない雑誌も、表紙や気になったページだけを確認することができます。

メリット

dマガジンのメリットは、以下の3点です。

  • 1アカウントで5台の端末から利用可能
  • Wi-Fi環境下で雑誌をダウンロード可能
  • 雑誌のお気に入り登録や、ページのクリッピングが可能

dマガジンは、1アカウントで5台の端末にアプリをインストールすることができます。
スマホだけではなく、タブレットからも利用可能です。
また、ブラウザからも雑誌を読むことができます。
ブラウザから雑誌を読む場合は、5台の制限には含まれません。

また、雑誌はフルカラーのため、ダウンロードは時間と通信料がかかります。
読みたい雑誌は、事前にWi-Fi環境でダウンロードをしておくと節約になります。
好きなタイミングでさっと読みたいからこそ、事前の準備が大切です。

最後に、好きな雑誌はお気に入り登録を行うことができます。
気になったページについては、クリッピングをすることができます。
これらは、電子書籍ならではの便利さです。
自分なりのdマガジンというのも、良いですね。

デメリット

dマガジンのデメリットは、以下の3点です。

  • 雑誌によって、読めないページが存在する
  • スマホでは、見開きで読むことができない
  • 配信終了日が存在する

dマガジンだけのデメリットというよりは、電子書籍のデメリットに近いです。

dマガジンでは、多くの場合、雑誌1冊を読めるわけではありません。
読めないページが存在しており、場合によっては特集が丸々カットされていることがあります。
ここが、読み放題の電子書籍と、購入した雑誌の差です。
写真も電子書籍に掲載できない場合、グレーアウトされます。

そして、スマホの場合は、1画面に1ページしか表示することができません。
見開きのページも一度に確認することはできず、ページ送りが必要となります。
ただ、読みにくい部分もありますが、片手で雑誌を読めることの恩恵の方が大きいです。

最後に、電子書籍だからと言って、いつまでも雑誌を読めるわけではありません。
雑誌にもよりますが、半年から1年が配信期間として設定されています。
それだけの期間があれば、十分だと考えています。


dマガジンで読める雑誌

dマガジンで読むことができる雑誌は、以下の通りです。
2018年8月時点の情報ですので、最新情報は公式HPでご確認下さい。

かなり長いですが、ご容赦下さい。

  • 総合週刊誌
    • 週刊現代
    • AERA
    • 週刊ポスト
    • 週プレ
    • FRIDAY
    • 女性自身
    • 女性セブン
    • 週刊新潮
    • 週刊文春
    • サンデー毎日
    • 週刊女性
    • ニューズウィーク日本版
    • FLASH
    • 週刊SPA!
    • 週刊朝日
  • 男性ライフスタイル
    • 男の隠れ家
    • デジモノステーション
    • 日経トレンディ
    • GOETHE
    • GetNavi
    • Hot-Dog PRESS
    • Tarzan
    • MONOQLO
    • DIME
    • Pen
    • Begin
    • BRUTUS
    • 一個人
    • サライ
    • BE-PAL
    • Casa BRUTUS
    • POPEYE
    • Discover Japan
    • 家電批評
    • Lightning
    • GoodsPress
  • 男性ファッション
    • LEON
    • UOMO
    • OCEANS
    • GQ JAPAN
    • メンズクラブ
    • 2nd
    • Men's JOKER
    • MEN'S EX
    • MEN'S NON-NO
    • GO OUT
  • ビジネス・IT・国際
    • 週刊エコノミスト
    • 週刊ダイヤモンド
    • 週刊東洋経済
    • PRESIDENT
    • 日経ビジネスアソシエ
    • ダイヤモンドZAi
    • 週刊アスキー
    • 日経PC21
    • COURRiER Japon
    • 日経マネー
    • Mac Fan
    • SAPIO
  • スポーツ・車
    • RIDERS CLUB
    • サッカーダイジェスト
    • CARトップ
    • ベストカー
    • GENROQ
    • ラグビーマガジン
    • ル・ボラン
    • スマッシュ
    • 週刊プロレス
    • 週刊ベースボール
    • バドミントン・マガジン
    • 卓球王国
    • ゴルフダイジェスト
    • 週刊ゴルフダイジェスト
    • 週刊パーゴルフ
    • ワールドサッカーダイジェスト
    • BiCYCLE CLUB
    • Number
    • アルバトロス・ビュー
    • 月刊フットボリスタ
    • ボクシングマガジン
    • Mr.Bike BG
    • 陸上競技マガジン
    • Surftrip JOURNAL
    • 相撲
    • RUNNING style
    • 報知高校野球
    • NALU
  • エンタメ・趣味
    • ディズニーファン
    • 週刊ザテレビジョン PLUS
    • 週刊ファミ通
    • JUNON
    • Nintendo DREAM
    • SCREEN
    • パチスロ必勝本
    • NHK 趣味の園芸
    • 週刊Gallop
    • 鉄道ファン
    • CAPA
    • DVD&動画配信でーた
    • B's-LOG
    • サイゾー
    • 日経エンタテインメント!
    • EX大衆
    • つり情報
    • 歴史人
    • PASH!
    • アニメディア
    • ムー
    • ダ・ヴィンチ
    • パチンコ必勝本CLIMAX
    • つり人
    • 電撃PlayStation
    • 趣味の文具箱
  • 料理・暮らし・健康
    • クロワッサン
    • レタスクラブ
    • NHK きょうの健康
    • NHK きょうの料理
    • 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
    • 日経おとなのOFF
    • オレンジページ
    • 3分クッキング(日本テレビ)
    • 日経ヘルス
    • いぬのきもち
    • ねこのきもち
    • ハルメク
    • たまごクラブ
    • ひよこクラブ
    • 毎日が発見
    • エル・デコ
    • プレジデントファミリー
  • お出かけ・グルメ
    • 九州ウォーカー
    • 散歩の達人
    • 週刊 東京ウォーカー+
    • 東京カレンダー
    • 東海ウォーカー
    • おとなの週末
    • 月刊山と溪谷
    • 旅の手帖
    • 関西ウォーカー
    • dancyu
    • ワイン王国
    • 横浜ウォーカー
    • ビール王国
    • 北海道ウォーカー
    • CREA Traveller
    • エル・グルメ
  • 女性ファッション
    • CanCam
    • JJ
    • Ray
    • ViVi
    • SPUR
    • GINGER
    • フィガロジャポン
    • mina
    • non-no
    • ハーパーズ バザー
    • mer
    • GINZA
    • HERS
    • BAILA
    • andGIRL
    • FUDGE
    • VERY
    • S Cawaii!
    • Precious
    • Marisol
    • LEE
    • STORY
    • Domani
    • Seventeen
    • Oggi
    • CLASSY.
    • GISELe
    • with
    • MORE
    • 25ans
    • VOGUE JAPAN
    • エル・ジャポン
    • JELLY
  • 女性ライフスタイル
    • Hanako
    • LDK the Beauty
    • 美的
    • VOCE
    • MAQUIA
    • anan
    • NHK すてきにハンドメイド
    • 日経ウーマン
    • &Premium
    • GOSSIPS
    • 美ST
    • OZmagazine
    • ar
    • ESSE
    • CHANTO
    • サンキュ!
    • 家庭画報
    • 婦人画報
    • Mart
    • LDK
    • ku:nel
    • CREA
    • FRaU

これだけの雑誌が読み放題とは、圧巻です。


ゆきたんたんがdマガジンで購読している雑誌

ゆきたんたんは、週刊ダイヤモンドや週刊東洋経済を読んでいます。
いずれも、特集のページを読むことができるため、重宝しています。
週刊エコノミストについては、特集ページが丸々カットされているため、読んでいません。

お出かけ・グルメで配信されている雑誌については、読んでいて楽しいものが多いですね。
行きたい土地や、行きたいお店がどんどん増えます。
日頃から情報収集を行うことで、いざという時の引き出しを準備することができます。


最後に

dマガジンのおすすめポイントをまとめました。

他の雑誌読み放題サービスと比較すると、楽天の楽天マガジンに次ぐ月額料金の安さです。
その上で、これだけの雑誌を読むことができるのであれば、十分に利用する価値があります。
相変わらずですが、ゆきたんたん自身が楽天経済圏に属していないため、dマガジンが良いです。

読み放題サービスは、移動中など、ふとした時間に役立つことが多いです。
しかし、勉強などの時間を奪ってしまう可能性があります。
これだけの魅力的なサービス、夢中になり過ぎないよう注意が必要です。

雑誌は、毎日の生活を豊かにすると考えています。
知識は多い方が、お得に生活できます。
効率良く、幅広い知識を身に付けられるよう、dマガジンはおすすめです。


以下、関連記事です。

Amazonプライムでも、一部の書籍、雑誌を読み放題で読むことができます。
他にもお得なサービスが多いため、おすすめの会員サービスです。

dアカウントで貯められる、dポイントについてはこちらの記事にまとめています。
共通ポイントを貯めて、お得な毎日を過ごしたいものです。

dマガジンは、旅行や出張に出かける際のお供に最適です。
ダイナースクラブプレミアムカードがあれば、一休.comのダイヤモンド会員になれます。


ミッフィーと絵かきさん 絵本セット(全3冊) (こどもと絵で話そう)

ミッフィーと絵かきさん 絵本セット(全3冊) (こどもと絵で話そう)